プライベートプラクティス LA診療所

プライベートプラクティスはLAの診療所で働く人たちに焦点を当てたドラマです。迷えるオトナたちにぜひDVDで何回か見て何かしらのヒントを得てほしいもの。主題歌もなかなかいいですね。シーズン2もありますので当然人気がある海外ドラマの一つです。

プライベートプラクティスはクリニックで働く人達に焦点を当てたもの

スポンサードリンク                    プライバシーポリシー

全米で大人気の医療ドラマグレイズ・アナトミー」の中でも特に人気のアディソンを主役にした「プライベートプラクティス」というスピンオフドラマのDVDが日本で発売されます。
最近の日本のドラマはシリアスなものが少なく、何だか見ていてあまり面白いと
感じないという人は多いのではないでしょうか。こういう時には日本のドラマでは
なく、海外に目を向けてみると面白いものが結構見つかります。

プライベートプラクティスというのはもともと全米で人気を呼んでいた
グレイズ・アナトミーというドラマのスピンオフドラマとして登場しました。
同じく医療ドラマとして有名な「ER」と比べると治療をしているシーンよりも、
クリニックで働く人達の出来事について焦点を当てたものになっています。

このドラマの主人公はアディソンという名の39歳の女性。
腕の良い医師で美人で結婚しているというどこにも欠点など自他共にないと思っていたはずがひょんなことから次々と不幸の連続が・・・・・しまいにはシアトルの大病院のポスト争奪戦にまで負けてしまってまさにどん底の状態になっていまいます。

このままではいけないと思ったアディソンは心機一転してLAにある知り合いの診療所へ勤めることにします。
こうして始まる医師達の日々の生活を描いたのがこのプライベートプラクティスというドラマです。
ちなみにプライベートプラクティスというのは日本語にすると開業医といった意味になります。


アメリカのドラマらしく日々の生活の中の出来事が赤裸々に次々と登場してきて、日本のドラマとはまた一味違った面白さがあります。
特に普通の人にはあまり縁がない医師の生活というものがどのようなものかというのがところどころに出てきて、やっぱり医師
一人の人間だということを再認識させられます。

医療ドラマということですがそれほど深刻な内容を扱うものではなく、どちらかというとユーモア溢れるタイプのドラマになります。
プライベートプラクティスは医師の働いている姿だけでなく、その裏側である人間らしさが前面にでているのです。 日本のドラマにありがちな
シリアス一辺倒やコメディ一辺倒ではなく、真面目な部分は真面目に楽しい部分は楽しくというメリハリの効いた良いドラマだと思います。

日本でもテレビで放送されていましたが、見逃したという方は今度DVDが発売されるようですからそちらを利用するという方法もあります。
少し真面目なコメディドラマ「プライベートプラクティス」はおすすめの海外ドラマです。

SPONSORED LINK

Copyright(C) 美景微笑 All Rights Reserved.